ウィキペディア、フリー百科事典から
  • 組み立て塗装が必要なプラモデル。別途、接着剤や工具、塗料等が必要。
  • 1/72スケール未塗装プラスチック組み立てキット
  • 完成サイズ:全長233mm、全幅144mm

商品の説明

F-8クルーセイダーは、アメリカ海軍で最初の本格的な実用超音速戦闘機です。
1951年9月アメリカ海軍は超音速艦上戦闘機の提案要求を各航空機メーカーに提示しました。
当時は、音速を突破することが技術的にまだ研究段階という時代でしたが、1952年6月29日アメリカ海軍はチャンス・ボート社の提案を承認しました。
1号機にはXF8U-1の名称が与えられ、1955年3月25日初飛行に成功。この飛行で音速を突破し、史上初の音速艦上戦闘機が誕生しました。
その後の開発は順調に進み1957年3月25日異例の早さで量産型F8U-1を装備する最初の実戦部隊VF-32が編成されました。

F-8は細身の胴体に、後退角42゜の主翼を肩翼式に取り付け、全遊動式の水平尾翼を低い位置に配した単発・単座の超音速戦闘機です。
空気取り入れ口は機首下面に開口したピトー方式を採用しています。
F-8は戦闘機型と偵察機型に大別されますが、F-8E型では全天候能力を備え、主翼下面にパイロンが新設されて4000ポンドまでの外部装備が可能となり、対地攻撃にもその威力を発揮するようになりました。

ベトナム戦争では、戦闘機としてはもとより、対空砲火制圧や海兵隊にも投入され、アメリカ空母機動部隊の主力機種として活躍しました。

※この商品は、組み立て、塗装が必要なプラモデルです。
※組み立て、塗装には別途、接着剤や工具、塗料等が必要です。
※「プラモデル」は日本プラモデル工業協同組合所有の登録商標です。


メーカーより